マララさん基調講演(WAW!/W20)の和訳

GEWEL学生メンバーの安本百合香さんが、マララ・ユスフザイさんの基調講演を日本語訳にチャレンジしました。2019年3月23日(土)にホテルニューオータニで開催されたWAW!/W20の講演です。動画もアップされていますが、あえてGEWElでも日本語訳を共有することにしました。マララさんと同じ課題意識を持つGEWELメンバーによる日本語訳だからです。安本さん、ありがとうございました。



おはようございます。こんにちは。…..
安倍総理大臣および安倍夫人、ミケティ副大統領、バチェレ国連人権高等弁務官、貴賓の皆さまそして日本にいる皆さま、皆さんの国へ暖かい歓迎と今年の国際女性会議WAW!へスピーカーとしてご招待いただき、本当にありがとうございます。

日本に初めて訪れることができてとても嬉しいです。また安倍首相にはご招待していただき、そして昨日には女子教育の重要性について共に談話できたこと、感謝しています。

私は彼がSDGs(持続可能な開発目標)と日本の教育への援助に焦点を当てながら日本の女性、そして世界中の女性と女子に関してリーダーシップを取っていることに感謝しています。

加えて私は彼と安倍夫人に感謝しています。というのも昨晩の夕食会で私がうっかり大盛のわさびを食べてしまった時にとても親切にしてくださったからです。今までにそんな味を経験したことはありません!私の目は涙が出始めて、私は同席されていた著名な方々の前で落ち着きを保とうともがいていました。でも彼らは私にとても優しかったのです!

今朝窓の外を見て下の美しい庭園を見ました。緑の芝生、小川、木々です。この日本の美しさで私は私の故郷、パキスタンのスワート渓谷を思い出しました。

私は子どもの頃に時折「東洋のスイス」と呼ばれる平和な場所で過ごしました。私は街路を通って歩くこと、そして友人達と笑い合うことが大好きでした。私の幼い弟達はペットの鶏を飼っていました。私の母は地元の市場で私達のご近所さんと買い物をしました。私の父は教師でした。私の最大の喜びは勉強することと学校に行くことでした。

しかし全ては過激派が私達の町を乗っ取った時に変わりました。彼らは多くの事を禁止しました。例えばテレビを所有することや音楽を聴くことです。そして彼らは彼らの命令を無視する人には最も残酷な罰を強要しました。

そして彼らは女子はもう学校に行くことはできないと宣言したのです。

2009年の1月、私が11歳だった時、私は同級生にさようならと言いました。はたして彼女らにまた会うのはいつかとは分からずにです。

あの瞬間、父と私は私たちは思い切って声を上げないといけないと分かりました。なぜなら私たちは教育なしの人生は私の友人たちと私には全く未来がないことを知っていたからです。私たち自身の夢を追求する機会がないならば、私たちが愛したコミュニティーに私たちの貢献を申し出る機会もないのです。

そして過激派は私の教育に関する権利が正しいと主張していることを理由に標的としました。しかし彼らは失敗しました。彼らはただ私の上げる声を大きくしました。そして今日私は、1億3千万人の未だ学校に行けていない女子に代わって、皆さんに話をするためにここにいます。

これらの多くの女子は私の物語を教訓とし、学校に行けるようになり、教育を完了させ彼女ら自身の未来を選んでいけると希望を持っています。

そしてこの部屋にいる多くの女性はここにいます。というのも私たちは、私たち以前にいらっしゃった女性たちに触発されたからです。

女性、例えばグレース・ホッパーさんのようなコンピュータプログラミングの先駆者、日本で最初の女性宇宙飛行士の向井千秋さんがいます。またベーナズィール・ブットーさん、パキスタンで最初の女性首相となった彼女は私の刺激となる人でした。

あなたはここにいます。なぜなら誰かがあなたを信じたからです。私の父が私を信じたように。
なぜなら、あなたはあなたに差し出された機会の有利な部分を取ったからです。
なぜなら、あなたは聞かれるべきあなたのアイデアのために戦ったからです。

そして何よりも、あなたはここにいます。なぜならあなたは教育を受けたからです。

しかしあなたや私と違って、世界中の何百万人の女子は現代の労働力に心の準備ができていません。

もし私たちが全ての女性が輝ける世界、「より多くの女性が革新を駆り立てて、政治体制や経営している企業の上の席を占めている場所」を作りたいと望むならば、私達のリーダーは女子の教育に投資しなければなりません。

私たちはSTEMで教育してきた女子が驚くべき革新を作り出せることを知っています。

エチオピアでは、19歳のベッテルハイムさんが、生徒が学習が必要な時に資料にアクセスするための限定版インターネットを、学校を助けるためにソフトウェアを開発しました。

南アフリカでは18歳のキアラさんが、干ばつの間でも穀物が水和するための解決策を見つけました。

そして明日私は日本、千葉県出身18歳のかのんさんに会います。彼女は高校生の時にロボットチームを立ち上げています。

しかし今私たちはただ若い女性がどういうものか、何が貢献できるかの断片を見ているだけにすぎません。テクノロジーが私たちが生活するやり方、学び、そして稼ぐ事において変化をもたらしていますが、だいたい10億の女子が現代の労働力に必要な技能が不足しています。

昨年マララファンドと世界銀行は、もし全ての女子が中等学校を終了した際、彼らは世界経済に合計30兆ドルの影響を与えられるという研究を発表しました。

今日教室に入っている多くの生徒は未だ存在していない仕事に就くことでしょう。それは未来の仕事で女性が成功できることを確実にするため、私たちが今日の女子に投資しなければならないという事です。

私たちのリーダーがSDGs、“12年間の全ての女子に良質な教育を”を含め同意してから5年が経ちました。あいにく、私達はこれらの約束を満たす、必要な投資を作ることに遠く及んでいません。

今週私はG20のリーダー達に女子達へ12年間の教育と将来の仕事で必要な技術を与えるための新しい基金へ貢献してもらうよう頼む予定です。

今年のG20の主催地であるため、安倍首相と日本は女子の教育を先導する機会を持っています。私は今年のサミットのためのより良い財産、または世界へ渡すための日本へのより良い贈り物が思いつきません。

安倍首相はこれを一人ではできません。私たちはG20の国々の長、ビジネスリーダーの方々、そして主張者の全員がこの戦いに参加することを必要としています。

私たちは何百万人の女子が学校に行けるよう助ける機会があるのです。そして私たちは行動を起こさなければなりません。

私は10年前彼女らの中の一人でした。そして私は次のことに関して何も疑いはありません。もし私たちが今日の女子に投資をするならば、私たちの想像を超えた未来は起こりうるということを。

ありがとう。ありがとうございました。


マララさんの講演記録(英語)
マララさんの講演記録(動画)28分ごろから
W20Japan2019コミュニケ

Good morning. Ohayo Gzaimasu. Assalam-u-alikum.

Mr. Prime Minister and Mrs. Abe, Vice President Michetti, High Commissioner Bachelet, distinguished guests, people of Japan — thank you so much for the warm welcome to your country and for inviting me to speak at this year’s World Assembly of Women.

I am so happy to visit Japan for the first time and grateful to Prime Minister Abe for inviting me and speaking with me yesterday about the importance of girls’ education.

I appreciate his leadership for the women of Japan and for women and girls around the world through his focus on the Sustainable Development Goals and Japan’s aid to education.

I am also grateful that he and Mrs. Abe were so kind to me last night at dinner when I accidentally ate a large portion of wasabi. I had never tasted anything like this! My eyes started to water and I struggled to keep my composure in front of this distinguished company. But they were very kind to me!

This morning I looked out my window at a beautiful garden below — the green grass, streams and trees. The beauty of Japan reminded me of my home in Swat Valley, Pakistan.

I spent my childhood in a peaceful place sometimes called the Switzerland of the East. I loved walking through the streets and laughing with my friends. My little brothers had pet chickens. My mother shopped in the local markets with our neighbors. My father was a teacher. My greatest joy was studying and going to school.

But everything changed when extremists took over our town. They banned many things — like owning a television or listening to music — and they enforced the harshest punishments on those who defied their orders.

And they declared that girls could no longer go to school.

In January 2009, when I was just 11 years old, I said goodbye to my classmates, not knowing when — if ever — I would see them again.

At that moment, my father and I knew we had to speak out — because we knew that life without education meant my friends and I would have no future at all. No chance to pursue our own dreams, no chance to offer our contributions to the community we loved.

And the extremists did target me for defending my right to education. But they failed. They only made my voice louder — and today I am here to speak to all of you on behalf of 130 million girls still out of school.

Many of those girls look at my story and have hope that they will go to school, complete their education and choose their own future.

And many of the women in this room are here because we were inspired by women who came before us.
Women like Grace Hopper, a pioneer in computer programming. Japan’s first female astronaut, Chiaki Mukai (CHEE-AH-KEY MOOK-EYE). Or Benazir Bhutto, the first female Prime Minister of Pakistan, who was my inspiration.

You are here because someone believed in you, like my father believed in me. Because you took advantage of the opportunities presented to you. Because you fought for your ideas to be heard.

And most of all, you are here because you had an education.
But — unlike you and me — millions of girls around the world are unprepared for the modern workforce.

If we hope to create a world where all women can shine — where more women are driving innovation, holding seats in government or running companies — our leaders must invest in girls’ education.

We know that girls trained in STEM can produce extraordinary innovation.

In Ethiopia, 19-year-old Betelhem developed software to help schools with limited internet to access the resources their students need to learn.

In South Africa, 18-year-old Kiara found a solution to hydrating crops during droughts.

And tomorrow I’ll meet Kanon, an 18 year-old from Chiba, Japan who founded a robotics team in her high school.

But right now we are only seeing a fraction of what young women like these can contribute. As technology changes the way we live, learn and earn, almost one billion girls lack the skills they need for the modern workforce.

Last year, Malala Fund and the World Bank published research showing that if all girls completed secondary school, they could add up to $30 trillion to the global economy.

Many students entering classrooms today will work in jobs that don’t even exist yet. That means we must invest in girls today to ensure that women can succeed in the jobs of tomorrow.

Five years have passed since our leaders agreed to the Sustainable Development Goals including 12 years of quality education for all girls. Unfortunately, we are far behind in making the necessary investments to fulfill these promises.

This week I’m asking G20 leaders to commit new funding to give girls 12 years of education and the skills they need for the future workforce.

As the hosts of this year’s G20, Prime Minister Abe and Japan have the opportunity to lead on girls’ education. I can’t think of a better legacy for this year’s summit or a better gift for Japan to give the world.

Prime Minister Abe cannot do it alone. We need all G20 heads of state, business leaders and advocates to join this fight.

We have the opportunity to help millions of girls go to school — and we must take action.
I was one them 10 years ago — and I have no doubt about this: if we invest in girls today, a future beyond our imagining is possible.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です