ふたりゴト(June)

ふたりごゴト(June)

Miyoko Kojima Yuta Hasumi

 

Y「ハロー!」

M「ハロー! この挨拶、まだちょっと慣れないわ~」

Y「すぐ慣れますよ。」

M「そうだよね、なんでもそうだけど、慣れると違和感なくなるよね」

Y「わたしもロンドンでまだ慣れないことたくさんありますよ」

M「そういえばこの前、すごい違和感を持つ場があって」

Y「どんなことですか?」

M「意識高いひとの集まりだったんだけど、全体にポジティブすぎるというか」

Y「なんとなくわかる」

M「前向きにいこう!あなたもわたしもみんなで!・・・みたいな感じ」

Y「ひゃーそんな風に言われたんですか?」

M「言われてはいないけど、言われているような気持ちになったの」

Y「それはエンハラですね」

M「あ、それってこの間、記事になっていたこれ?」

Y「そうそう、「仕事に楽しさを求める」風潮になるエンジョイハラスメント」

M「仕事を楽しめるひとも、意味を求めず生活のために働くひともいるからね」

Y「ドアハラこわーい」

M「ドアハラ?ドアに腹ぶつける???」

Y「同調圧力ハラスメント、略してドアハラ」

M「聞き慣れない言葉だから違和感あり!!でもよくある状況よね」

Y「美代子さんはどうやってドアハラをかわしているんですか?」

M「『ここでは〇〇しないとだめですか?って恐る恐る聞いてる」

Y「でも圧を感じて、聞くことすらできないことってありますよね?」

M「『いま、よそもののわたしは圧を感じていますって、言えるときは言う」

Y「場の空気はどうなっちゃうんだろ」

M「変わるのは周りの空気ではなく、自分の肩の力がいい感じで抜けるのよ」

Y「なるほど!これ次のふたりゴトでアップしませんか?」

M「この話を文字にしちゃって大丈夫かなぁ」

Y「こんな感じに書いてみました!」

M「ちょっとぉー文字が小さすぎるわ、老眼ハラスメントや」

Y「モジハラですかね?」

文字サイズは読み手に合わせよう。
To be continued(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です