ダイバーシティー & インクルージョンの推進活動と、 それを実践するリーダーの育成を通して、 組織、社会に貢献します。
サイトマップ更新履歴
English site

イベント

GEWEL ラウンドテーブル(賛助会員向け)
『街自体が多様性−ロンドンからみたD&I』

2015/12/29

2月のGEWELラウンドテーブルでは、英国で活躍される根本雅子さま(GEWEL賛助会員)をお迎えし、”街自体が多様性−ロンドンからみたD&I”と題して、自己俯瞰のワークも織り交ぜながら参加者の皆様との対話から、皆様自身の多様性とハッピーを追求します。

日時:2016年2月3日(水)18:00開場 18:30開演(21:00終了予定)
場所:青山ソホラ 6F会議室 A会議室(http://sohora.jp/access/
ゲストスピーカー:根本雅子さま(プロフィールはこちら
参加費:3,000円(お弁当、お飲み物付き)
(当日賛助会員のお申込みも可能)
参加申込は以下専用フォームからお願いします
http://www.gewel.org/contact-event.html 
参加費振込先: トクテイヒエイリカツドウホウジン ジユエル
  三井住友銀行 新橋支店(216)  普1961042
 (振込手数料は各自でご負担くださるようお願いします。)
※キャンセルの場合は1月29日(金)までにcontact@gewel.orgまでご連絡ください。振込み手数料を差し引いてご返金します。   1月30日(土)以降のキャンセルは返金不可となります。  代わりの方のご参加は可能です。

〜ゲストスピーカーより〜
日本では、女性活躍推進法が8月末に決まりましたが、『真の女性活躍』とは何でしょうか?そして、日本で『多様性』とは何でしょうか?

イギリスのロンドンでは、99年のユーロ通貨統合、特に2004年以降に東欧の欧州統合し、EU内での移動が加速し、2011年の統計では、ロンドンの人口の半分以下、45%がイギリス人。
ロンドンは、街自体が多様性で構成されています。

そして、女性の社会進出では、30%クラブという『FTSE 100の企業の役員を30%は女性にする』という活動もあります。ファウンダーは、ヘレナ・モリッシーというNewton InvestmentのCEOで9人の子供の母親。このクラブの活動は、世界的に注目を浴び、今では、香港、南アフリカ、米国、カナダ、マレーシアでも存在します。

それでは、多様性が生まれ、(もちろんチャレンジングな点もありますが)共存している鍵は何でしょうか?
30%クラブでは、『アンコンシャスバイアス(無意識の先入観)があることを認めることから始めよう』と提言しています。
つまり、まずは、何が起きているのかを見つめること、認識することです。また、ロンドンでは、個々人のハッピーを追求する結果、自己の人生に責任を持ち、『多様性』を楽しんでいる様にも感じます。

皆様のご参加お待ちしております。
GEWEL一同

 

今すぐ支払う