ダイバーシティー & インクルージョンの推進活動と、 それを実践するリーダーの育成を通して、 組織、社会に貢献します。
サイトマップ更新履歴
English site

代表理事就任のご挨拶

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進のハブとして次のステージへ

 いつもGEWEL(Global Enhancement of Women’s Executive Leadership)をご支援いただきありがとうございます。2016年4月からの新体制で、代表理事に就任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

 GEWELは2004年の設立以来、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の推進と女性リーダー育成支援に努めてきました。日本でもようやく「女性活躍推進」「ダイバーシティ経営」の取り組みが本格化してきましたが、D&Iの本質は、「ダイバーシティ(多様性がある)」だけでなく、「インクルージョン(ひとりひとりの違いを活かし、チームとしての協創力を生み出すこと)」です。

 そのためには、ひとりひとりが自立し、自分らしい貢献を考え、チームや社会のために行動していくことが求められています。

 私たちGEWELは、これまでの活動から得られた資産を大切にしながら、D&I推進のハブとなり、「インクルージョン」の実現に貢献していきたいと思います。

 次世代によりよい未来をつなげるために、D&Iのオープン・イノベーションを起こしましょう!

NPO法人GEWEL(ジュエル) 代表理事 村松邦子


村松邦子 プロフィール

株式会社ウェルネス・システム研究所 代表取締役
公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)理事

グローバル企業のダイバーシティ推進責任者、広報部長、企業倫理室長を経て独立。「健幸な社員が健全な組織をつくる」をテーマに、人財組織開発と連動したダイバーシティ、CSR推進、ガバナンス向上の支援を行っている。2014年、Jリーグ理事に就任。「スポーツで、もっと、幸せな国へ。」に共鳴し「スポーツを通じたダイバーシティ社会の実現」も探求中。

プライベートでは、ワーキングマザー歴25年。働く女性のための相互支援の場づくり、女性リーダーの支援、大学でのキャリア教育など、ライフワークとしてダイバーシティ推進に取り組んでいる。