自分軸で生きるためのファンドレイジング レポート

7月23日、自分の軸で生きようとするメンバー10名が集まり、ファンドレイジングについてお話を伺いました。

株式会社STYZの堤大介さんが講師となり、ファンドレイジングを1から教えていただきました。GEWELでも利用しているサービスSyncableのご紹介もあり、具体的な調達方法も見ることができました。

個人で何かを始めようとしているひとや、NPOなどの団体で資金調達を考えているひとなど、既存の枠にとらわれずに資金調達する方法がわかりました。また、寄付文化の根付いていない日本において、クラウドファンディングや寄付で資金をつくることの意義と難しさも学ぶことができました。参加者それぞれの置かれる状況と照らし合わせながら話を聞くことは、知識習得の意味だけでなく、互いの成長を応援しあう仲間づくりの場でもあり、交流会ならではの場となりました。

講師の堤大介さんからコメント
昨日の交流会では細かな手法やノウハウよりも、ファンドレイジング戦略の立て方や考え方の手順についてお話させていただきました。新しい手法やツールはどんどん増えていきますが、大切なのはファンドレイジングも自分がやりたいことや伝えたいことを伝えるためのコミュニケーションであるということだと思います。みなさまそれぞれがご自身の活動を形にされていき、伝えていくための参考にしていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です